HOME << 新製品情報 / ドア内張り <<
“ 内張りを変えてイメチェンするぞ♪”


はじめに

※ 商品が届きましたら早めに商品内容を確認し、タタミジワ等が付かないように保管して下さい。
※ 取り付け作業の際の部品の破損等の責任は負いかねますので掲載内容をご参考の上自己責任で行って下さい。ご不明の点はあらかじめ実車で確認しておいて頂くと作業がスムーズに進みます。


1. 内張りをはがそう。



インナーハンドル下側のネジを外しインナーハンドルを取り外します。




上側も同様に外した後でひっくり返してスイッチターミナルから外します。




左側写真の中央部分(なんと呼べはよいのでしょう?)を外します。右側の写真が外した後の状態です。



 内張りを外す準備ができました。





左側の写真の指先辺りに見えているピン(緑色の部分)を内張りはがし(他の物でも代用可)を内張りとドアのスキマに差し入れて引き抜いていきます。




ピンを全て抜き終わったら内張りを軽く上側(空の方)に持ち上げるように力を加えながら後側へ滑らせます。一旦写真左側の位置で止めて写真右のようにスイッチのターミナルを穴の向こう側へやります。


更に後側へ滑らせていくと内張りが完全にはがれます。






2. ソフトレザーの内張りを貼ろう。

スプレーボンドやボンド、両面テープなどの接着剤をご用意下さい。



裏側のネジをはずしてプラスチックの部品を取り外します。(写真右側の状態)



− ここからは両面テープを使った場合の例をご案内します。 −

左側の画像のように両面テープをしっかりと貼ります。
この状態で一回内張りに当ててみて貼り付ける位置を確認してみて下さい。


一旦内張りの上にそっと置いて位置をよく確認してから圧着します。
この時上下左右に引っ張りながら貼ると変型してずれてしまいますので真上から押して貼り付けるようにして下さい。


外しておいた部品とピンを元に戻して内張りの完成です。





内張りをはずした時と逆の手順で車体に取り付けて完成です。

お疲れ様でした♪





ソフトレザーのメンテナンスについて

■通常の汚れ水、またはお湯を柔らかい布につけて汚れを拭き取って下さい。
■ややしつこい汚れ中性洗剤(チャーミ−グリーンなど)を水かお湯でうすめて拭き取り、真水で洗剤分を拭き取って下さい。

※ シンナーやベンジンなどの溶剤はご使用にならないで下さい。





HOME << 新製品情報 / ドア内張り <<



- メイクアップスタジオ -

業務内容マーチを中心としたコンパクトカーのオーダーシートカバーの企画・製作・販売
住所〒985-0862 宮城県多賀城市高崎3-30-4
TEL070-5096-5813
FAX022-309-2138
代表者鎌田 仁志
Eメール info@makeupstudio.jp




Copyright(C) 2003 makeupstudio. All rights reserved.
− 許可なく複製・転用を禁ず −